スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたタイヤの交換

モトラッド初詣ツーリングの日にパンク修理したことは既に報告済であるが、そのタイヤを交換することにした。
今回はR1200GSに乗り換えて以来2回目のパンクであり、ほぼ2万㎞毎にパンクしたことになる。乗用車ではここ数十年パンクした経験がないことと比べると、たった前後で2本しかないタイヤがこれほどの頻度でパンクするとは驚きである。
今回のパンクでタイヤを交換すると、新車装着タイヤも含めて8本目のタイヤを購入したことになり、タイヤだけでかなりの消耗である。
今回のパンクは既に記事にした通り自宅を出発するタイミングで気づいたが、2013年のパンクも同じく車庫の中で発生しており、二回とも路上でのパンク修理を免れることが出来たのは不幸中の幸いであった。
タイヤに刺さっていた金属は頭が取れている古釘で、タイヤのトレッド面に対してかなり斜めに刺さっていたが、修理用プラグは垂直に挿入するしかなく、応急修理としては何とかなったものの、いずれスローパンクチャーの原因になる
初詣ツーリングが近づいたのでモトラッドに予約を入れると、ミシュランしか在庫がなくメッツラーの入荷を待つことになった。
数日後入荷の連絡があり2月19日にリアタイヤを交換。気になっていた斜めに刺さった穴をタイヤの内側から確認したが、シッカリとプラグが玉になって丸まっており、穴はふさがっているようである。

パンク修理後180㎞ほど走ったトレッド面の状況

タイヤの内側から見た修理箇所

修理用プラグの状況のアップ

この状態であれば先回のパンク同様1~2千㎞程度は走れそうで、万が一遠出のツーリングでパンクした場合も十分帰ってくることが出来そうである。
そのことが分かっただけでも今回のパンク修理には学ぶべきものがあったが、3万円もするタイヤの交換は年金生活者にとっては深刻な大出費である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。