スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVのスポーツ観戦にはもう一つの楽しみ方がある。

団塊の世代はサッカーよりも野球が好きな人が多いようである。
筆者もその例にもれずプロ野球が開幕すると、ほぼ毎日テレビの前に座ってジャイアンツの試合を観戦している。
我が家の野球観戦には試合の進行状況以外にも楽しみにしている画像がある。
それは試合中に映る観客席の様子で、一番人気はバックネット裏の観客の様子である。ビールを飲む人、弁当を食べる人、イチャイチャする男女と区々であるが、総じてあまり熱心な応援をする観客ではないようである。
東京ドームでは森元首相が秘書なのか隣に座った男性と弁当を食べている姿も見られた。もちろんその二人は野球観戦には不釣り合いな、背広にネクタイという姿であったのが印象的であった。
もう一つ同じように観客席に目が行く番組は大相撲中継である。
こちらは勝敗が瞬時に決着する競技で、何回かの仕切りの合間にたっぷりと観客席を見ることができる。そんなよそ見のせいか、果たして何回仕切りを行うのかを筆者は知らない。
一番目につく人はどこの誰だかわからないが金色の山高帽子を被ったオジサンで、どの場所にも現れるようで、余程の相撲ファンではないだろうか。
家内が気になっているのは明らかに玄人筋と思える和服姿の女性たちで、ほぼ毎日同じ席に座っているが身に着けている着物は毎日変わるらしい。全員が揃って髪をアップに結い上げ、高価と思える和服を着て背筋を伸ばして座っている姿は、筆者には相撲観戦が終わった後そのままの姿でお店に出かけるのではないかと想像させる。
また、タレントなどの有名人も時々見ることができ、特に多く見かけるのは大村崑さんと元NHKアナウンサーの杉山邦博さんで、この二人もほぼ毎日同じ席に座っているのですぐに気が付く。
行事のお尻しか見えないのになぜ正面の席に座っているのか理解に苦しむが、おそらくその席が常にテレビ画面に映ることを意識しているのかもしれない。
なんだかんだと書いてきたが、スポーツ中継を全く異なる視点で見ている我々夫婦も余程の変わり者かもしれない。
この記事は相当以前に書き終えたが、アップしないでそのままにして置いたものであるが、3月19日の大相撲放送でニューヨークジャイアンツを昨年引退したジーター選手を見かけたことでこの記事を思い出し、思い切ってアップすることにした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。