春の育苗作業が最盛期

我が家の「俄か百姓」も丸3年が経過し、4月から4年目に突入した。
畑作りに取り組んだ当初から、出来るだけ苗を買わないで種から育てる方針を立てた。
今年も9センチの育苗用ポリポットにたくさんの種類の種を蒔いた。
その種類は、3月1日にマクワウリ・ピーマン・パプリカ・長ナス・水ナス・ミニトマト・中玉トマト、12日にカボチャ・枝豆・トウモロコシ・ホワイトコーン、15日にスイカとキュウリ、18日にツルムラサキ・アスパラガス、21日にイエローミニトマト・トウガン、オクラと18種類もあり、置き場所に困るほどである。
天気の良い日は日当たりの良い場所に並べて水を遣り、寒い夜は車庫に仕舞ってビニールで養生している。

23個のカゴトレーに並んだポット

発芽しない状態であれば、ポットが20個入るカゴトレーを4~5段重ねて車庫に保管出来るが、発芽後は伸びた芽が閊えるためトレーを重ねることが出来ない。
その結果、行き場の無くなったカゴトレーが居間に並ぶことになる。

夜には苗が居間に陣取る形となる

幸いなことに年寄二人の生活では居住スペースに苗を並べることも可能であり、しかもこの状態では掃除機掛け(毎日が日曜日生活者になって筆者の役割となっている)が大嫌いな筆者にとって、掃除が出来ない言い訳の材料が出来て好都合ではある。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる