久し振りの獣害発生

畑周辺の桜や菜の花もピークを過ぎ、いよいよ本格的な耕作シーズンを迎えた。
冬場の畑は作物も少ないが、虫や獣による被害もなく、昨年の秋に収穫を終えそのまま空いている畑の掘り起し作業をノンビリと進めてきた。
自宅にたくさんの育苗ポットを並べ育てているほか、直播したトウモロコシ、ゴボウ、大根、カブ、ホウレンソウ等が、寒冷紗の中で芽を出し伸び始めている。
2月初旬に種イモを植えたジャガイモも順調に発芽し、そろそろ芽欠きが必要と思い始めた4月6日、3日振りに畑に出かけてみると異変が起きていた。
ジャガイモ畑が前面に渡って畝が崩れ、所どころ深く掘り起こされた跡があり、伸び始めた芽が幾つか引きちぎられている。明らかにハクビシンか何かの小動物が荒らした様子であり、ここまで順調に生育していただけに夫婦で呆気にとられた。

何かに荒らされたジャガイモ畑

食い千切られたジャガイモの茎

悲しそうに持っているのは家内の手です

余にものショックに防獣ネットで囲むことを即決し、畑仕事に取り掛かる前にカインズホーム大井松田店に買い物に出かけた。
丈夫な防獣杭、2.5メートル幅のネット、ネットの裾を固定するUピンなど、2万円弱の出費を強いられたのであるから、小動物とはいえ年金生活者にとっては甚大なる被害である。
買い物から帰るとすぐジャガイモ畑の防獣作業に取り掛かり、畑の周囲をネットで囲ってみたが、果たしてこれで効果があるものかどうか心配である。

即刻フェンスで囲ったが出費は痛かった

ジャガイモ畑は周囲を囲うだけで済むが、これから作付するトマト、キュウリ、マクワウリ、スイカなどの夏野菜は鳥害への対策も必要で、更に上空を防鳥ネットで被わなければならず、まだまだ手間も費用も掛かるようである。
「俄か百姓」は、時間を持て余した毎日が日曜日生活者のレジャーと割り切らなければ、無農薬野菜が食えるだけでは、とてもではないが割に合わない作業である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる