アスパラガスが本格的に食べられる

2012年に始めた「俄か百姓」の2年目の春に種を蒔いたアスパラガスがようやく食べられるようになった。
2013年4月18日に蒔いて育てた苗を、畑の隅の梅の木の間に定植し、翌年になって僅かに数本だけ収穫することができた。
テキストを読んでみると「3年目からたくさん収穫できる」さらには「10年ぐらい収穫が続く」と書いてあり、夫婦二人して期待に胸を膨らませていた。
そのアスパラガスが3月下旬になって本格的に芽を出し始め、子供たちの家族の食卓にお裾分けが出来るようになった。

ニョキニョキと顔を出してきた3年目のアスパラガス

家に持ち帰って食べられるのを待つアスパラガス

初物は珍しさもあり、家内と筆者の友人にもお裾分けし、4月に入ってからは毎日の我が家の食卓に、ベーコン巻や野菜炒めなどの形で登場している。
更に欲をかいて、今年の苗作りにも3度目の挑戦として蒔いてみたものの、思うように発芽しない。慌てて本年二度目の種を蒔いてはみたが、果たしてどうなることやら。
因みに、今年の苗づくりはスイカ、トウガン、オクラ、アスパラガス、ピーマンなどの発芽が悪く、このままでは相当な量の苗を買う事になるのではと心配している。

コメントの投稿

非公開コメント

アスパラガス栽培の奮闘振りが目に見える様です。
小生などスーパーで見て『高い!とか安くなった』とかぶつぶつ言ってるだけ、生産者のご苦労を考えたら素直に?購入しないといけませんね。
今年筍が裏年で不足気味と聞きましたが、アスパラガスには無いのですか?
そろそろ俄百姓を返上し『農業生産者』と名乗って良いのではないでしょうか。
豊作を祈ってます。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる