DSKレストア(その14)部品探し

中野モータースからBMWの部品が届き心配していた部品が殆ど(エキパイやマフラーは本国からの取り寄せで1カ月ほど掛るが)揃ったが、フロントフォークブーツだけがまだ入手の当てが無い。
毎日ネットで検索しているが見つからないので、バイク屋さんに出掛けて同じ様な物が無いか探してみることにした。何軒かのバイク屋を見てみたが、結局本日の結論は上下とも内径が49㎜と云うブーツは見当たらず、全てのブーツが上の内径より下の内径が大きくなっていることが分かった。同じような部品を手に入れるのは困難であることが分かったので、下側の内径が大きなブーツを工夫して取り付けることを考えなければならない。
今日の部品探しで梅田モータースの湘南ジャンクヤードに寄って見ると、その異様な雰囲気に驚き、学生時代(40年以上も前の話)に解体屋さんで中古部品を探した事を思い出し、何となく懐かしかった。
ここには古いバイクも沢山あり、3千円(スクーターや事故車)・1万円・5万円と云った均一コーナーや、レストア用の旧車コーナーに分かれており楽しく見学出来た。
またジャンクヤードと云うだけの事はあり、取り外した部品がコンテナに山盛りにされ、500円とか1,000円等の値段が付いており見ていて飽きない。中古部品の区分けはミラー・ハンドル・タンク・シート・レバー・ハンドルスイッチ・ヘッドライト・メーター・フロントフォーク・ワイヤー等に分かれており、無造作に盛り上げてある。
そんなコーナーで多くのお客様が熱心に部品を探しており、中には中年のカップルがノギスを片手にアッパーフォークヨークの内径を計測していたり、高校生と思しき少年のグループがビッグスクーター用と思われる白いシートを見ながら「黒だと良いのにほんとに残念!」等と話し合っており、バイク好きの人間にとっては非常に楽しい夢のような場所であった。
更に込み入ったヤードの中をウロウロしてみると、ツェンダップやBSAと云う珍しいバイクも置いてあるが、残念ながらツェンダップには「非売品」と書いて有った。
このジャンクヤードは本当に楽しいので、時々出掛けて見たい場所が一つ出来た気分でラッキーであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる