今年のスイカの味は

家庭菜園の耕作で一番の楽しみは何と云ってもスイカの収穫である。
スイカはその果実の、みずみずしさに措いて、甘さに措いて、大きさに措いて、断然一番であると子供の頃より変わらず思い続けている。
昨年に続き、甘くてみずみずしいスイカの収穫を夢見て、3月下旬に2種類(縞紅西瓜とニューこだま)の種をポットに蒔き、夏のシーズンに備えた。
苗を畑に移したあと順調に生育して花芽が付き始めたが、初期の段階はオス花ばかりでメス花が咲かない。これでは収穫出来なのではないかと心配していた頃にようやくメス花が咲き始め、畑に出掛けた最初の作業にスイカの受粉が定着した。
数週間全てのメス花に受粉をしているはずが、実が大きくならずに腐ったり、ミニトマト程度の大きさまで成長したあと萎んでしまったりと、なかなか上手く育たない。
毎日チェックしているのに、ふと気が付くと手毬大に大きくなった実が確認できるようになり、その都度実の下にマットを差し込んで大きくなるのを待った。
マニュアルには「蔕に一番近い葉が枯れたら収穫時期」と書いてあるが、待ち切れずに8月14日に一番大きいスイカを収穫した。

自宅に持ち帰ったスイカ

家に持ち帰り、こわごわ二つに割ってみると、見事に赤く色づいており一安心。
早速冷蔵庫に入れて冷やし夕食時に頂いたが、思っていた以上にみずみずしくかつ甘かった。家内は「何とかお使い物に出来る」と畑のスイカを数えながらご満悦である。

二つに割ってみると見事な赤いスイカであった

今は、少し遅れて種蒔きを行った小玉スイカの作柄に関心が移っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる