スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂にチェーンソーを購入

家内と二人で「俄か百姓活動」を始めて4年目の夏を迎えた。
家内の知人に家庭菜園として耕して頂いていた畑を返してもらい、2012年の4月から耕し始めたこの畑は、元梅林で数十本の梅の老木が大きく枝を伸ばし、その間に小さな畑が点在する状態であった。
最初に取り組んだのは邪魔な梅の木の撤去である。
とは言ってもろくな道具もなく、根を掘るためにスコップや磨鍬を買い、生木を切るための鋸を求め、根元を鋭くえぐり取る為のツルハシを知人から頂いたりして、文字通り開墾作業をすべて人力で取り組んできた。

3年間で3本の替え刃を使い古した剪定用ノコギリ

4年目となる今年も何本か梅ノ木を撤去しようと計画したが、直径が30㎝ほどもある幹を鋸で切る元気が湧いてこなくて、昨年ごろからチェーンソーの購入を考えていた。
今年の6月に家内が年金支給年齢(具体的な年齢は本人の希望で書けないが)に到達し、8月に初めての年金が支給されたことをキッカケに、チェーンソーを購入することにした。
厚木市にあるビーバープロのチェーンソー売り場で品定めをしたが、マキタとリョウビが展示されていた。大きさを歯の長さが350㎜の機種と決めて両メーカーの値段を比べ、少しだけ安いリョウビのES-3135と云うものに決めた。

遂に購入したチェーンソーを畑に持ち込んだ

あっという間に初仕事を終えたチェーンソー

早速畑に持ちこみ、一番南側の隅にあったイチジクと梅をそれぞれ2本伐採したが、倒した幹を50㎝ほどの長さに切り刻む作業も含めて僅か1時間ほどで完了し、家内の初めての年金から支出した16,477円は、僅か一日の作業で元を取った気分である。
昨年までは鋸で済ませていた梅の木の伐採作業が出来なくなり、チェーンソーの威力と自身の体力の低下を思い知らされたが、3歳年下の家内が年金を支給される年になったことを考えると納得せざるを得ない。
虚勢を張って声にこそ出しはしないが、心の中では「俺も年を取ったものだ」と複雑な思いでチェーンソーを眺めている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。