スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

軽トラのパンク修理

我が家の乗り物で一番活躍しているのは軽トラックである。
一番古くから使用している乗用車は、間もなく6年になろうとするのに31千㎞しか走ってなく、今では年に数回のゴルフか病院への通院しか出番がない。
2011年3月に取り換えたバイクのオドメーターは45千㎞を表示しているが、初期の1~2年目には北海道や九州に出掛け大活躍であったが、最近では1~2か月に一度ぐらいの日帰りツーリングがやっとである。
その一番活躍している軽トラックは、夫婦揃って予定がない日(夫婦共にあまり予定がないのは悲しいが)には、ほぼ毎日畑に出掛ける足として大活躍である。
8月30日、畑の駐車場で(舗装はされているが前下がりであるからか)軽トラの左前輪のエア圧が少ないような気がして、自宅近くにある行き付けのガソリンスタンドでチェックしてもらうと1.2㎪ しかない。担当してくれたアルバイトの女性が「漏れがないか無料で調べましょうか」と声を掛けてくれたので依頼すると、タイヤを取り外して石鹸水をスプレーで掛けると、小さな釘の頭のような金属片の横に僅かに泡が立つのが確認できた。

釘の頭と思え有れる金属片の脇から泡が

アルバイトと云っても流石にスタンドマンで、次に出た言葉は「パンク修理すると3,800円ですがどうしますか?」である。
女の子がタイヤを外して確認までしてくれたので少し申し訳ない気がしたが、年金生活者の自覚が「自分で修理するから良いです」と発言させてくれ、「少し多めに入れますか?」との問いに「帰ったらすぐに修理するから通常で良いです」と返した。
担当者はあまり嫌な顔もせずタイヤを取り付け、トルクレンチまで使って増し締めしてくれたが、締め付け順序を反時計回りに締めた(もちろん何も云わなかった)ことが何となく微笑ましかった。
早速自宅に帰り、バイクのパニアケースに搭載してあるパンク修理キットとコンプレッサーを取り出し、パンク修理を完了させた。

釘を抜いてみると一気にエアーが抜けた

こんな小さな釘がパンクの原因である

作業後に「今日は3,800円の稼ぎだね」と、家内が褒めてくれたのは言うまでもないことである。

コメントの投稿

非公開コメント

流石!
軽トラパンク修理までも!
修理道具はバイクので全て間に合うのでしょうか?
コンプレッサーとありますがそんな大きいものまでバイクに積んで旅に行くのでしょうか?
自転車旅の場合チューブ交換します。道具も違うでしょうが軽トラまでいけると言うことは何でもできるような気がしますね〜!

Re: Re: タイトルなし

お褒め頂き有難うございます。
自転車と違ってバイクのパンクは命取りです。
特に、私の乗っている1200㏄ではパンクすると人間の力では数メートル動かすのがやっとです。
従って、チューブレスのパンク修理キットと小型のコンプレッサーは、常にパニアケースに入れて持ち歩いています。
私のバイクは4万5千キロの間に前後のタイヤがそれぞれ一回づつパンクし、このパンク修理キットとコンプレッサーが活躍してくれました。
今回の軽トラのパンクでもこのバイク用装備が役に立ち、3800円の出費を節約することが出来ました。
因みに私のMTBにもチューブ1本、タイヤレバー2本、エアーポンプは必需品として装備しています。
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。