スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの川沿い歩き

本日は少し朝をノンビリ過ごしたので生活の起動が遅れた。
当初、散歩の後買い物に出掛ける予定で有ったが、急に予定を変更して買い物と散歩を一緒にこなすことにした。
筆者と家内は歩くことが好きで、過去には多摩川の源流(笠取山の頂上から少し下ったところ)から河口(羽田)まで、また相模川の源流(山中湖)から河口(平塚の馬入)まで歩いたり、大山街道を永田町(千代田区)から大山の頂上まで歩いたりした経験が有る。今までは休みが取れなかった事も有りそれぞれ数日かけて歩いた。したがって毎日日帰りで、次の休みに前回の終了地点まで電車とバスで出向くと云う非常に手間のかかる散歩でした。
今回は町田で買い物をする予定であるので、境川に沿って歩くことにした。自宅から小田急線で町田駅に出て、次は横浜線に乗り換え淵野辺駅で降りた。
淵野辺駅周辺は青山学園と大美林の学生で混雑しておりビックリ。その学生に交じって青山学園の入り口までぞろぞろと列に混ざり、その先は人通りの少ない歩道をひたすら東に向かって境川に突き当たるまで歩いた。境川に掛る橋(山根橋)の袂にあるコンビニでトイレついでの買い物を(買い物ついでのトイレ?)して、いよいよ13時30分に歩き始めた。
この境川は神奈川県と東京都の文字通り境を流れる川で有るが、昔の川の流れを変更した名残か左右に少しずつ東京都と神奈川県の飛び地が有るようで、その飛び地が公園になっている。したがってそれらの公園は元の川の流れの蛇行部分に有り、一様に半円形をしている。また、その部分には橋が掛っていないうえに、相模原側に東京都管理の公園が有る形であり、当然利用する住民は神奈川県民と云う事になる。我々一般市民から見ると県境を引きなおしてしまえば良いのにと思うが、それぞれの行政に取って県境の移動は大変なのかもしれない。
境川右岸にある東京都の管理地

そんなことを思いながら川沿いを歩くと川には大きな魚(鯉)や大型の鳥(カモや白鷺)の姿が見られ、のんびりとした散歩が出来た。
じっと流れを見つめる白鷺の姿

思ったより距離が短く町田駅には15時頃到着。僅か1時間半の散歩であり、何時もの近所を歩く散歩とあまり変わらない運動量で有ったが、今まで歩いた事も無い道を歩く新鮮さはまた格別のもので、家内は「今度は今日の続きを歩きたい」と早くも次の散歩の予定を考えているようである。
あっという間に町田に到着

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。