スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F氏の「ふらふらっと」TRGはハードであった

前回の雨のR152南下ツーリング直後に、O氏から誘いがあって慌てて洗車したが、キャンセルになり1か月程バイクに触れてない。
F氏からメールで「ふらふらっとTRG」と題したお誘いがあり、コース案として下記のように書かれていた。

談合坂SA集合~勝沼IC~雁坂TN~秩父~中津峡~上野村~ぶどう峠~信州峠~増富♨~韮崎IC~甲府南IC~若彦TN~河口湖~山中湖~解散(時間があれば、増富♨入浴)

ツーリング当日(9月12日)は、指定された集合時間に間に合わせるため、6時40分に自宅を出発。小田厚の平塚ICから高速に入り、厚木IC、海老名JCTから圏央道、八王子JCTから中央道と乗り継いで、集合場所である談合坂SAには約束の時間に少しゆとりのある7時40分に到着。
出発予定時間の8時まで待ったが集まったのは筆者が最後で、この日の参加者はF氏(F600GS)とT氏(この日はF800GS)と筆者の3台である。

談合坂SAは大量のバイクで溢れていた

このツーリングを企画したF氏から「予定のコースだと、秩父のわらじカツ丼が早すぎるので逆回りに変更しよう」と提案があり、韮崎ICで中央高速を出ることにした。
韮崎で下道に降り、県27を1㎞ほど山側に登って穂坂路に左折。この道は県23に突き当たり、右折して瑞牆山方面に向けて急激に高度を上げていった。F氏の先導で初めて走るこの道は、増富ラジウムラインと名付けられたワインディングで、ひなびた増富ラジウム温泉郷を抜け、森の中を通り抜けると「みずがき山自然公園」に辿り着いた。
ここの駐車場でT氏から「Fさん、こんな素晴らしい道を隠していちゃズルイじゃないですか」との発言が有ったほど素晴らしいワインディングであった。

F氏は何度も登ったという瑞牆山の雄姿

みずがき山自然公園の駐車場にて

全員がここの売店で買ったおにぎりで小腹を満たし、川上村を目指して下り、県610(県境を越えると県106)に右折し、川上村に向かって広い畑の中の真っすぐな道を下った。
川上村の県68を三国峠側に少し走り、「南相木←14㎞」の標識を見つけて県2に左折。
南相木村役場の手前で燃料を補給し、南相木小学校の先を右折し大鰭トンネルを抜けて北相木村に出た。
県124に右折し山に登り「ぶどう峠」で一休みしたあと群馬県側に下り、R299に入り本日の昼食場所である秩父に向けて走った。思ったよりも早い12時30分に秩父郡小鹿野村の名物「わらじカツ丼」に有り付く事が出来た。

今回のツーリングの最大の目的であるわらじカツ丼

此処(鹿の子と云う店)の駐車場で写真のような看板(Welcome Riders in Ogano! オートバイによるまちおこし事業協賛店)を発見。同じ看板を「道の駅両神温泉薬師の湯」でも見掛けたところを見ると、この町では我々は歓迎されているらしいと感じ少し嬉しかった。

ライダーを歓迎してくれる看板が嬉しい

食事のあと県37で南下してR140に入り、雁坂トンネルを越え県38で塩山を経由してR20に入って帰路に就いた。大月からはR139、県35と辿り、神奈川県に入ってすぐ曲がりくねった県517を走った。
県518に突き当たる直前にT氏が急停車。そこにT氏行き付けのキムチ屋さんがあり、T氏から「裂きイカのキムチ」をお土産に頂いた。帰宅後食べたこのキムチの味は絶品であった。

T氏行き付けのキムチ屋さん

そのあと道志みちを横切り県64で伊勢原に向かい、途中T氏、F氏と順次別れて自宅に帰り着いたのは6時30分。殆ど下道を走った12時間のツーリングの走行距離は434㎞であった。

IMG_5065+(2)_convert_20150920225626.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。