スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堆肥の入荷

今年も2回目の堆肥を購入した。
畑で作物の収穫が終わると、四本鍬で深く耕し、苦土石灰と堆肥を施して、最後に耕運機でかき混ぜることにしている。
その作業で使う堆肥はかなり大量に消費するため、昨年から「山口牧場」と云うところから、ダンプカーで運んで貰うようになった。
過去の「俄百姓支出記録」を確認してみると、2014年1月、2014年7月、2015年3月と3回の購入があり、今回で4回目の購入である。
この堆肥屋さんのメインの家業は酪農農家で、毎日出る牛糞を発行させて堆肥を作るとのことで、年間を通じて365日仕事で、過去には「大熱を出しても搾乳などの仕事を休めなかった」と、苦労話も聞かしてもらった。
運ばれてくる堆肥は2トン車1台分の量で、筆者の畑は荷卸しスペースが県道に面して舗装されていることから、4トンダンプで運ばれてくる。そのダンプから降ろした堆肥の量は膨大であるが、そのまま入り口に置くわけにもいかず、家内と二人で一輪車を使って畑の中に作った堆肥置場に運ぶことになる。

4トンダンプがやって来た

一気に荷卸し

家内が2個の箕に山盛りの堆肥を鍬で掻きこみ、筆者が山盛りの箕を持ち上げて一輪車に乗せ、コンパネで囲った堆肥置場に運ぶという作業を続けた。

これから運び込む堆肥の大山

この堆肥を運び込む作業はかなりの重労働であるが、農作業の手引書を読むと「堆肥は良い野菜を育てるために絶対必要」と云う趣旨のことが書いてあり、豊作を夢見て懸命に運び込んだ。
作業を終えて一休みしながら「間もなくクヌギの落葉の季節となるが、今年も4年連続のクズカキを行う?」と話しながら迷っている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。