2015年最後の最後にパンクとは

筆者にとって2015年はパンクとの戦いで終始した年となった。
年の瀬も押し迫った12月26日にバイクの洗車を行った。12月13日の全行程雨と云うモトラッドツーリングでドロドロになったバイクがそのままになっていたので、先ずはリムとスポークからと考えリアリムを磨いていると、タイヤに付着した異物を発見した。
取り除こうと触れてみると何と金属の様である。よく見てみると2㎝ぐらいの針金が立っており、その根元は明らかにタイヤの溝部分に刺さっている様である。
貫通していなければ良いがと注視してみると、無情にもその根元からは小さな泡がプクプクと湧き出ており、間違いなくパンクである。「またお金が掛かる」などと考えながら洗車を終わらせ、取り敢えずパンク修理に取り掛かった。

洗車中にタイヤに刺さった針金を発見

拡大すると見事に刺さっていることが分かる

問題の針金をペンチで引き抜いてみると、刺さっている部分の長さは約1㎝で「シュー」と云う音が筆者をあざ笑っているかのように響いた。

刺さっていた針金のアップ

このバイクにして今回は3回目のパンクで、更に今年の9月には軽トラックもパンクしており、自分ながらも実に手慣れた手順でパンク修理を完了することが出来た。

パンク修理が完了した

2011年3月に購入した愛車のパンク歴は、2012年11月(2万キロ)にフロント、2015年1月(4万キロ)にリア、そして今回(2015年12月)(46千キロ)のリアと実に頻繁である。

IMG_5450+(2)_convert_20151227223637.jpg

前回のパンクは今年の初詣TRGに出掛けるまえ直前で、「今年のバイク活動はパンクで始まった!」との筆者のボヤキに、「悪いことから始まったから後は良いことが続くよ!」と明るく励ましてくれた仲間がいたが、2015年のバイク活動はパンク修理で始まり、パンク修理で終わったことになる。
このバイクのタイヤは、2回の前後セット交換と、3回のパンク(もちろん今回も交換することになる)による交換とで、都合7本を購入することになり、その出費は年金生活者にとって一大事である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる