2016年初詣ツーリング

何時もの仲間と「1泊で走りに行こう」と声を掛け合っていたが、なかなか全員の空き予定が重ならないまま1月の下旬になってしまった。
その幻の1泊ツーリングの準備にと、パンクしたタイヤの交換にモトラッドまで往復したのが、情けないことに今年唯一のバイク活動であった。
従って1月24日のモトラッド「初詣ツーリング」が2016年の初乗りとなった。このツーリングは例年の通り三島大社参りで距離は少ないが、一年で一番寒い時期に箱根峠を越えなければならす、その上今年はタイヤを交換したばかりで、少々神経を使うショートツーリングが予想される。
1月24日の日曜日、午前9時50分に国府津PAから22台のバイクが列を連ねて出発。

国府津PAに集まった22台のバイク

箱根新道を登っていくと次第に気温が下がり、箱根峠を越えた辺りで遂にバイクの気温計がマイナス2℃を表示した。気温だけではなく強風にも悩まされたが、風に煽られた樹木の枝から雪が降り注ぎ、まるで「ダイヤモンドダスト」の様な光景の中を潜り抜けたのは、貴重な体験であった。
この極寒の箱根峠はグリップヒーターを強に設定して乗り切り、目的地である三島大社には10時30分に到着した。
元々この日一番の目的は「初ツーリング」で走ることにあり、初詣は目的地に毎年「三島大社」を選んだだけで、例年と同じルーティーンで記念撮影、お参り、名物「福太郎」購入と済ませ、バイクを停めた場所に戻った。

三島大社の本殿をバックに記念撮影

全員がバイクに戻ったところで、本日二番目の目的(勿論初詣よりも上位である)である鰻を食べる為に、下田街道(R136)沿いにある「御殿川」に移動。
席に着いてみると、筆者の周りは全員が60代後半から70代までのロートルの集まりになっていて苦笑したが、「出来るだけ長く乗ろうよ」とお互いを励まし合いながら鰻を食べた。

毎年同じうな重(2,500円)を頂いた

帰り道は「マイナス2℃の箱根峠を避けよう」と何時ものF氏と相談し、御殿場を経由することにした。
三島塚原ICから伊豆縦貫道に入り、長泉ICで下を交差するR246の上り線に降り御殿場を目指した。裾野IC入り口交差点の先を右折し、R246の南側を並走する県394の更に山側の「時之栖スポーツセンターや御殿場高原ビール」を横目に見る道を快調に走り、御殿場からも引き続き脇道を抜けて小山町役場交差点でR246に出た。
松田町まで戻った後は何時も畑への往復で通るルートを辿り、家内に「どうしたの?」と聞かれるほど早い14時30分に自宅に帰り着いた。
2016年の初ツーリングは僅か132㎞で終了した。

IMG_5485+(2)_convert_20160129135355.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる