スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一泊予定が日帰りになったドライブ

1月と2月は我が家の「俄か百姓」にとって一番の農閑期となっている。
年が変わってから「苗作りを始める前に何処かに出掛けよう」と話し合っていて、2月の初旬になって千葉方面に出掛けることに決まった。
この時期の千葉と云えば南房総の花摘みがお決まりであるが、以前にも出掛けたことがあるので今回は銚子方面を候補にした。
バイク用のツーリングマップルとネットを活用して観光スポットを調べ、成田山新勝寺、潮来十二橋巡り、鹿島神宮、銚子港、犬吠埼、外川の町並み、屛風ヶ浦などを観光の候補にあげた。
関東地方に春一番が吹いた出発前夜、ナビ設定用に目的地の住所と電話番号を一覧表にして準備を終えた。
宿泊する宿は出たとこ勝負と云うことにして、翌朝6時40分に成田山新勝寺をナビに設定して出発。
小田原厚木道路の平塚ICから高速に入り、東名、保土ヶ谷BP、首都高狩場線、首都高湾岸線、東関東道と乗り継ぎ、佐々井PAで休憩したあとナビの指示に従って冨里ICで降りた。その後もナビに引き摺られるようにしてR409を走り、雲行きの怪しくなった9時30分頃に成田山の駐車場に到着した。
早速境内に入ったが観光客はまばらで、広い境内に散らばって配置された建物の何処から見学すれば良いのか分からず、取り敢えず目に付いたお休み処に入った。
そこで掲示板を眺めていた家内に声を掛けてくれた男性が、素人ガイドであるらしく色々と説明をしてくれ、釈迦堂で行われる「釈尊涅槃会」の見学を進められた。釈迦堂の中に入ると正面に掛けられた大きな涅槃図に向かい、大僧正の他大勢の僧侶による読経が行われており、その厳かさに圧倒された。

釈尊涅槃会が行われた釈迦堂(前本堂)

釈迦堂の入り口で大僧正を迎える僧侶の列

家内が大本堂で行われる御護摩祈祷に参加している間に、境内を駆け足で見学している頃から小雨が降り出し、祈祷見学が終わった家内と共に本降りとなった雨に濡れながら駐車場に戻った。

テレビでよく見る大本堂は巨大であった

次の目的地である潮来に向かったが益々雨が強くなり、十二橋巡りどころでは無くなった。朝日新聞の記事で知った「桜花のレプリカ」を見ようと神栖中央公園に着いた頃、家内から「熱が出て来た」と訴えがあり、今回の旅を打ち切って帰ることを決めた。

神栖中央公園にある桜花のレプリカ

帰り道は途中のコンビニで買ったあんパンを齧りながら、潮来ICから東関道に入り、往路に走った道を忠実に逆走して、17時頃自宅に戻った。
急遽日帰りドライブとなったが、偶然にもこの日(2月15日)がお釈迦様の命日に当たり、「釈尊涅槃会」を見学することが出来たことと、出費が駐車場代とあんパン代だけで収まった事に、その後二日間も寝込んだ家内は大喜びであった。
急遽日帰りとなった今回のドライブは384㎞であった。

IMG_5554+(2)_convert_20160219225847.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。