浜名湖の牡蠣小屋と龍潭寺TRG

年齢を重ねると中々腰が上がらなくと云うが、我々ビーマー仲間もその例に漏れない。
「モトラッドの初詣TRGの前に一走りしよう」と話し合っていた仲間との調整が遅れ、一ヶ月以上も遅れて3月2日に漸く実現した。
調整の過程で第一目的が浜名湖の牡蠣小屋で牡蠣を食べることに決まった。
第一目的の他に浜名湖周辺の見所として、航空自衛隊エアーパークや関所跡や龍潭寺などが候補にあげられたが、時間の都合を見て現地で決めることにした。
参加者は何時もコース設定を担当してくれるF氏、牡蠣小屋を提案したT氏、最大排気量1600GTに乗るK氏と、金魚の糞よろしく皆に付いて回る筆者の4台である。
3月に入ったとは言えまだまだ寒いこの時期にも拘らず、足柄SAに6時30分集合と決まり。一番近い筆者ですら5時40分に自宅を出発したので、他のメンバーは大変である。
相模原、伊勢原、秦野から集まる3名は時間通りにSAに到着。湯河原から来るK氏とは愛鷹PAで落ち合い、4台揃って浜名湖に向けて走り始めた。
自宅を出るときは1.5℃を表示していた気温計は、駿河湾沿いになると4~5℃へと上昇したものの、体感的には沼津辺りから先の寒さが厳しく、グリップヒーターを強に設定しての厳しい高速走行であった。

牧之原SAで休憩

富士川SA、牧之原SAとトイレ休憩を重ね、浜松西ICで東名高速から離れた。航空自衛隊浜松基地広報館エアーパークには9時過ぎに到着。エアーパークは昨年の10月「ライラックの軌跡展」で浜松市博物館を訪れた時にも見学したが、何度訪れても興味深く見学することが出来る。
駐車場横に展示されたC-46輸送機

この日は居合わせた飛行機オタクから「写真を撮るなら間もなく大きな飛行機が飛び立ちますよ」と声を掛けられ、「毎日沖縄に向けて飛び立つ」と教えてもらったE767(早期警戒管制機)が離陸する姿を見ることが出来た。

離陸に向けて滑走するE767早期警戒管制機

エアーパークの見学を終え、昼食に予定していた「牡蠣小屋」には12時丁度に到着。F氏が予約を入れて呉れていたので直ぐに席に着き、新鮮な牡蠣を焼きながらシラス丼を頂き大満足であった。

今回一番の目的である牡蠣小屋の入り口

シラス丼と海苔の味噌汁

豪快な牡蠣の網焼き

次回のNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎の墓がある龍潭寺には午後2時に到着。庭園を眺めていて、30年以上も前に仕事関連のバス旅行で訪れたことを思い出し、その時の参加メンバーの顔を思い浮かべながら、懐かしく見学させて頂いた。

手入れが行き届いた龍潭寺の庭園

龍潭寺の見学を終え誰からともなく「明るい内に帰りたい」と提案があり、14時30分過ぎに神奈川県に向けて出発。
最寄りの浜松いなさICから新東名に入り、浜松SAで燃料補給のあと駿河湾沼津SAまで一気に移動。此処を最後の休憩場所として、熱函道で帰るK氏が長泉沼津ICで、厚木ICで降りるF氏とT氏とは筆者が離脱する秦野ICでそれぞれ別れ、自宅に到着したのは17時30分であった。
今回のツーリングの走行距離は448㎞でした。

IMG_5674+(2)_convert_20160311145037.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

ウチも昨年、家族旅行の際にエアパークに行きましたが、土日で飛んでるところは見られず。
平日がお勧めのスポットなんだな...
プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる