スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モトラッド秩父街道ツーリング

天気予報によると数日前から天候の不安が指摘されていたが、前日の予報では曇りと伝えられていた。
ところが当日(3月20日)の朝、身支度(バイクの身支度には時間が掛かる、特に冬場は尚更である)を整えていると、車庫の屋根にポツポツと雨音が響き始めた。窓を開けて確認するとまだ本降りではないが大きな雨粒であり、急遽合羽を着ることにした。
集合時間の少し前に圏央道厚木PAに到着すると、本線の高架下に仲間が群がって雨宿りをしていた。自宅が遠い者は途中で合羽を身に付けたとのことで、何時になく集合時間ぎりぎりの全員到着であった。

圏央道厚木PAでは本線の高架下で雨宿り

モトラッドの会長からしんがりを命じられ、雨が強く降る厚木PAを22台の車列の最後尾で出発。ところがラッキーなことに八王子JCTを過ぎた辺りから雨脚が弱くなり、多摩川を越える頃には雨もすっかり上がった。
桶川北本ICで圏央道から離れて県54を北上し、途中にあったコンビニに立ち寄り全員が合羽を脱いだ。最初の目的地で映画「のぼうの城」でも有名な「忍城」の跡地にある「行田市郷土博物館」には丁度開館時間の9時に到着。ここで更に1台が合流し23台となった。

行田市郷土博物館には開館時間の9時に到着

見学後、昼食を予約してある「和食と豚みそ丼 ちんばた」がある秩父市に向けて出発、所どころ渋滞しているR17とR140では、さすがに23台ものバイクの列は切れ切れになったが、何とか全員無事に「ちんばた」に到着し食事を取ることが出来た。

23台のバイクは砂利敷きの駐車場で大騒ぎである

ステーキとカツのダブル丼はボリューム満点であった

食事を終えた23台は再びR140を西進したがやはり隊列は切れ、「道の駅大滝温泉」に停まって隊列を整え直して再出発した。

道の駅大滝温泉で隊列を再編成

ループ橋と雁坂トンネルを通過し「道の駅みとみ」に立ち寄り、それぞれが土産物を買ったりしながらゆっくりと休憩を取った。
23台ともなると帰る方向が、静岡方面はR52、相模原方面は中央道、小田原方面は箱根越え、平塚方面は秋山や道志みちとそれぞれ異なり、ここで解散することになった。

道の駅みとみで解散

筆者は都留から秋山を経て宮ケ瀬に至るルートの仲間と3台で帰る事に決め出発。
先導してくれるR1200RTに付いてR140から県213に左折すると1台のバイクが付いて来た。県38を経由してR20に入り、初狩から県712・県705で都留に出て、中央道の側道を辿って富士急禾生駅前から県35に入って秋山に向かった。信号で停まると後ろから付いて来た仲間が「この道は何処に向かっているの?」と聞いてくるほど裏道の連続で、もちろん日曜日にも拘らず全く渋滞に遭うことなく宮ケ瀬の「鳥居原園地」に到着した。
ここで「道の駅みとみ」で別れ一部中央道を走って来たと云う仲間2台が追い付いてきて、図らずもこの抜け道の速さが裏付けられた。
ここの駐車場には多くの車とバイクが集まっており、中には初めて見る程古い旧車も混じっていた。これ等の車を眺めながらそれぞれが若い頃の車歴を披露する等のバイク談義で30分以上過ごしたあと解散した。
県35で伊勢原に出てR246を経由し自宅に戻ったのは17時30分過ぎで、この日のツーリングの走行距離は341㎞であった。

RANGEは15㎞を表示していた

途中で一度も燃料補給をしなかったことから、メーターのRANGEは15㎞を表示していてハラハラしたが、燃料を補給してみると17.62ℓしか入らず、タンク容量20ℓと云うカタログデーターが正しければあと2ℓ以上残っていることになり、今後の長距離走行の参考になる貴重なデーターを得ることが出来た。

満タンで17.62ℓ入った

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。