スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨木2本との遭遇

偶然ともいえる状況で一日に2本の巨木に遭遇する機会があったので報告する。
4月1日から一週間の予定で高知に出掛けたが、徳島県に住む従姉に遭う目的で、つるぎ町貞光まで出掛けた帰りにその巨木2本に遭遇した。
「道の駅貞光ゆうゆう館」に立ち寄り展示物を見ていて、近隣に巨木が有ることを何気なく見ていた。その時はさほど関心も無く何処にあるのかも確認することなく帰路に就いた。
R192を西に走っていると「可茂の大クス」と云う案内板に右矢印が表示されているのを見て、道の駅で見かけた巨木の情報がピンときた。右方向を眺めて見るとこんもりとした森が見えたので立ち寄ってみることにした。
その巨木の姿は下の写真で分かるように、僅か一本で森に見える程の大きさ(枝張り40~45m)があった。添えられた看板には「樹齢およそ1000年、根回り20mで日本一」と説明されていた。

大クスの全景は遠くから見ると森に見える程大きい

IMG_5712_convert_20160411191513.jpg

徳島から高知への帰り道、三好市(阿波池田と云う方が筆者にはなじみがある)から先はR32を走り、小歩危、大歩危、と進んで県境に至り、大杉駅入り口の信号に「日本一大杉」と書かれた看板を見て、ここにも巨木が有ることを思い出した。
高知では小学生の遠足と云えば「桂浜」か「大杉」が定番で、筆者にも連れて来てもらった記憶があり、懐かしさもあって立ち寄ってみることにした。
子供の頃に見た「大杉」と違って足元に見学用の木道が設置され、筆者が遠足で訪れた頃には既に特別天然記念物(大正13年)に指定されていた筈であるから、当時の特別天然記念物に対する管理が疎かであった事に驚いた。

推定樹齢3000年以上と云われる大スギのい雄姿

IMG_5719_convert_20160411191617.jpg

今回の徳島行きで図らずも特別天然記念物かつ日本一(クスとスギ)の巨木を2本も見ることが出来たのはラッキーであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。