自己ベストタイなのに100オーバーのゴルフ

現役時代に同じ車の販売とメンテナンスを競い合った仲間達と、旧交を温め合うゴルフコンペが年二回開催されている。
現役生活にピリオドを打った5年前からこのコンペに参加を始め、持ち回りで行う幹事も今回で2回目となり、5ヶ月も前から準備に取り掛かった。
このコンペは、北関東の参加者が多い事とプレー費の安さから、毎回栃木か群馬で開催されており、幹事の筆者が神奈川県に住んでいてもやはり群馬のゴルフ場に予約を入れた。
地元のメンバーから紹介を受け、5か月も前の昨年11月に「鳳凰ゴルフ倶楽部」に予約を入れたのを皮切りに、1月に案内状を発送、3月に組み合わせ表発送と、忙しく準備に追われた。
当日は5時に自宅を出発。圏央道、関越道、北関東道と乗り継いで、ゴルフ場には7時過ぎに到着。担当者と打ち合わせを終えた頃からメンバーが集まり始め、集合時間の8時30分には20名全員が揃った。
6ヶ月ぶりの挨拶を兼ねた朝礼を行ったあと、全員で記念写真を撮ってスタートした。

スタート前の記念写真

肝心の筆者のスコアは、3月以来今年二度目のゴルフで、その間一度も練習をしていないにも関わらず午前中46で回ることが出来た。
昔話に花を咲かせた昼食のあと、今日こそ「初めての100切り」と勇んでスタートしたが、力み過ぎたのか実力なのか56でホールアウト。結局トータルでは102の自己ベストタイで終わり、二桁スコアをまたしても果たすことが出来なかった。しかしハンディに恵まれたのか、それともメンバーに恵まれた(なんと同じ組から優勝と準優勝が出た)のか、3位に入ることが出来たのはラッキーであった。
表彰式を兼ねたパーティーでは、高齢や体調不良で参加出来なくなったメンバーからのメッセージを披露し、それぞれが健康管理に努め出来るだけ長くゴルフを楽しむことを約束し合って解散となった。
全員を見送ったあと、無休憩で今朝来た道を忠実に逆走し、少し薄暗くなった時刻に自宅に帰り着いた。
あとは会計報告と、次回の幹事への引継ぎ業務が残っているが、毎日が日曜日生活者にとっては程よい刺激を貰ったコンペの幹事であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる