スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漸くぶどう棚の作成に着手

一昨年バイク仲間のF氏から頂いたブドウの苗が大きくなり、簡易的に立てておいた数本の杭では持ち応えられそうになくなった。
数か月前からしっかりしたぶどう棚を作らなければと考えながら、予算面に抵抗があり「年金が入ったら作ろう」と延びのびにしてきた。
その簡易杭に絡みついたブドウの木にはいくつかの房が付き、この秋には美味しいぶどうが味わえると期待していたが、年金支給日があった6月に材料の購入に出掛けた。

仮設の杭に絡みついたブドウ

自宅から畑までの通勤(?)途上で見かける果樹棚を参考に、単管パイプで組み立てる予定で材料の拾い出しをした。
その明細は、4m単管3本、3m単管8本、2m単管4本、1m単管4本と、固定クランプ16個、自在クランプ16個、他に単管キャップやクランプカバーなどである。
家内と二人で『行き付けのデパート』と渾名しているカインズホーム秦野店に出掛け、大きな台車に満載してレジで精算すると27,504円となり、年金生活にとっては大出費であった。
自慢の自家用車である軽トラで畑まで運んだが、鳥居に立て掛けた4mと3mの合計11本は意外と重く、カーブで車体が大きく傾くほどであった。
購入した資材を10日間ほど畑の隅に放置しておいて、6月16日に作業を開始したが四隅の柱を地面に打ち込む作業に苦戦し、結局組み上げるのに2日間を要した。
単管を組み立てたあと、パイプとパイプの隙間に針金を張り渡して漸く完成。

設置が完了したぶどう棚を県道から眺めた

収穫目前であったブドウの木を植え替えるかどうか悩んだ結果、2本ある株のうち1本だけを植え替えることに決めた。汗だくになりながら出来るだけ根にダメージを与えないように掘ったが、考えていた以上に根の伸びは長く伸びており、多くの根を切断せざるを得なかったのは残念であった。
出来上がったぶどう棚を見上げて、将来はブドウの葉で出来るはずの日陰の中心にテーブルを置いたり、県道沿いに目隠しを兼ねてブラックベリーを移植しようなどと、あまり永く残ってはいない筈の将来に夢を膨らませて、年金からの27,504円の臨時出費の言い訳とした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。