スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマーランドのアジサイ見学

何処の放送局か記憶に残っていないが、満開のアジサイをバックに朝の天気予報が現場中継で流されていた。
その中継は東京サマーランドからで、そんな遊園地にアジサイ園があるなどとは夢にも思わなかったので、ネットで検索してみると可なりの規模のアジサイ園のようである。
サマーランドには社会人に成りたての頃、カートのエンデユーロレースに参加する為に訪れて以来なので、実に40数年振りである。
開園時間が10時であることを確認して自宅を出掛けたが、到着したのは開園40分も前で、駐車場前に並んでいた列の最後尾に車を停めた。
この日は猛暑で入園を待つ間に既に汗だくとなったが、チケット売り場で受け取った案内地図によると、テレビで見た「アナベル」3000本の群生は、会場の一番標高の高いところにあることが分かり、これから更に汗をかくのかと思うと気が重くなった。
入場料を払ったあとでもあり、この小登山に向けて歩き始めた。

上り道の左右は色々な種類のアジサイで一杯

周りの珍しいアジサイを鑑賞しながらウッドチップを敷き詰めた道を登っていくと、最上部にまるで雪が積もった山のように見える真っ白な群生が確認できた。

まるで雪山のように見えるアジサイの群生

資料によるとこの群生は3000株の「アナベル」と云う種類のアジサイであるとのことであるが、花の下の茎は細くかつ長く、途中で分かれる枝が無い。通常のアジサイは株の下に沢山の枝が集中しているが、この株はそういう意味ではアジサイらしくない。しかし咲いている花はまさしくアジサイである。

近くから見上げた雪山の姿

アナベルと云うアジサイは茎が小さい

入場料600円を徴収する商業目的のアジサイ園は、その規模に於いて鎌倉などにある寺院のアジサイとは比べるまでもなく大きいが、風情と云う面では池や木石がある寺院の庭園には遠く及ばないような気がした。
一方で、我が家の畑に植わっている数十本のアジサイはその何方にも遠く及ばないが、家内の懸命な手入れの成果なのか、毎年この季節になると綺麗に花を咲かせている。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。