スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

声が裏返るまで歌ってやろう 君が代

連日テレビはオリンピックの話題で持ち切りである。
毎日が日曜日生活者になって2度目のオリンピックであるが、前回のロンドンオリンピックの時の我が家ではこれほど盛り上がっていなかったが、リオデジャネイロから送られてくる今回の映像には夫婦二人で釘付けである。
日本中が注目する体操競技の男子団体で、期待通り日本の5選手が金メダルを獲得した。
その表彰式における国旗掲揚の画面で、全選手が大きく口を開けて君が代を歌っている光景が映し出された。
どの競技でも君が代を大声で歌う光景を見たことが無い筆者にとって、初めてみる光景で非常に感動を覚えた。
数日前に森元首相の「国家も歌えないような選手は日本の代表ではない」発言が物議を醸したことが夫婦で話題になり、「この子たちは偉い!!」とまるで選手の親ででもあるかのようにその光景に感動した。
表彰式後のインタビューで、キャプテンの内村幸平が「君が代は、声が『裏返るまで歌ってやろう』って皆で云っていて、みんなすごく大きな声で歌えて嬉しかったです」と答えていたのが、更に好感を持って聞くことが出来た。
他の国のことには全く知識がないが、国家を歌うか歌わないかで、これ程マスコミに取り上げられる国は他にはないのではないか。
ラグビーのワールドカップでの外国人選手も含めた代表選手による君が代斉唱や、今回の体操団体の表彰式の画像がテレビで流れるようになったことで、戦後70年が経過して漸く“君が代・日の丸=軍国主義”の呪縛から解き放たれつつあるような気がした今回のオリンピック観戦である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。