孫の子守で、てんてこ舞い

毎日が日曜日生活者になって5年と3ヶ月が過ぎ、それまで仕事一筋で過ごした時間の空白が、俄か百姓と月三回のボランティアとバイクツーリングでほぼ埋まり、漸く安定してきたと思える昨今である。
そんな老夫婦の平穏な生活に一大事件ともいえる出来事が発生した。
我々夫婦にとって3人目の孫である長女の子供が伝染性の眼病に感染し、保育園への立ち入りを禁止されたのである。
父親は会社勤め、母親は一人で美容院を運営と云う共働き世帯では、子供を誰かに預けるしか策は無く、多少(大いに?)不安ではあるがジジババに託すことになった。
最初の二日間は父親が在宅勤務とかで我が家に子供を連れて出勤。Wi-Fiを使って仕事や会議をこなしたので、ジジババは遊び相手とオムツの世話ぐらいで済んだ。
次の二日間は父親が出張とのことで、老夫婦が孫の家に午前8時に出勤したが、5年ぶりの通勤時間帯の車移動で渋滞状況も分からず、筆者にとってはバイクツーリング以外では経験のない6時30分という早い時間に自宅を出発した。
週末を挟んで5日目の子守も8時に出勤。午後一番で眼科の診察に連れていき何とか無事に完治の判定が出て通園許可を貰うことが出来、ジジババ二人は「苦労が報われた」と大喜びした。
自分の子供も病院に連れて行った記憶が殆どない筆者は、車の運転と10キログラムあるという孫を抱くことがメインの仕事で、受付やその他の手続は家内に頼ることになったが、運転と抱っこは家内には出来ないので大威張りである。
それにしても、生後3か月から預かってくれた保育園が有ったことや、子供の治療費が一円も掛からない事などを知り、昨今の待機児童問題の報道で取り上げられている事例などと対比して、大変ありがたい事であると痛感した。
この騒動で一つだけ得た収穫は、孫が以前にも増して我々老夫婦に懐いてくれたことであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる