今年2度目 通算3度目のわらじカツツーリング

昨年9月に初めてのわらじカツツーリングを企画してくれたF氏から、今年もお誘いがあった。
過去の記録を確認してみると、初めてこのコースに挑んだのは「F氏の『ふらふらっと』TRGはハードであった」(2015年9月20日のブログ掲載記事)で紹介した。2度目は「再びの「わらじカツ」ツーリング」(2016年7月14日)でお知らせしている。
筆者の申し込みに対するF氏からの返信メールで「誰も申し込みがないので一人で行く覚悟をしていました」と連絡があり、10月30日の当日は2台で走る積りで、集合場所に指定された東海大学正門前(自宅から3~4分)に少し早めに到着した。
既にF氏は待っており「今日は2台ですね」などと話しながら、念のため出発予定時間の7時まで待つことにした。その待ち時間の間に予想に反してA氏K1200GT(途中で離脱)、K氏R1200GS、T氏F800GSの順に次々と到着し5台のバイクが集まった。

東海大学正門前に集まった5台のBMW

予定通り7時に出発し、中井町・大井町・松田町と県道でつなぎ、R246に出たあと山北町・小山町と進めて富士スピードウエイのサブゲート前を通過して須走まで一気に走った。この間、大井町辺りから霧雨が降り始め、小山町まで来ると本降りとなったが、適当な合羽装着場所もなく強行し「道の駅すばしり」でトイレと合羽装着休憩を取った。
走り始めて直ぐの籠坂峠を越えると雨が小降りとなり、合羽が暑苦しくなったのには閉口。R138の「富士見公園前」交差点を左折し、東富士五湖道路の側道を走ってR139の東恋路交差点に出た。F氏が教えてくれたこの道は全員が初めて通る道で、今後の抜け道として使えそうである。
予定通り河口湖大橋・若宮トンネルと走って「芦川農産物直売所」でこの日2回目の休憩を取った。F氏の奢りで食べたおにぎりが美味かったことが印象に残っている。

蘆川農産物直売所で食べた「おにぎ」りは最高でした

合羽を脱いで軽快になった車列は県36・R358と走って中央道の甲府南ICに出て、韮山ICまで中央道を使って移動した。ここ迄が2回目のコースと異なるが、その後は前の2回と全く同じルートで、増富ラジウム温泉、みずがき山自然公園、川上村、南相木村、北相木村、ぶどう峠、川上村、神流町、小鹿野町と、途中2回の休憩だけで走り抜けた。

瑞牆山の背景には少しだけ青空が現れた

ぶどう峠に停めた筆者のGS

昼飯には遅い14時30分に小鹿野に到着。先回食べる事が出来なかった、わらじカツ元祖の「安田屋」に行ったが今回も入れず。先回と同じ「鹿の子」という店で全員がすきっ腹を満した。

2回目に食べた「鹿の子」のわらじカツ

小鹿野の街中を流していて「ようかんの店太田甘池堂」の看板を発見。NHKの番組で紹介され、家内が「食べてみたい!」と云っていた事を思い出し、「古代秩父本練羊羹」を土産に購入した。この店で「オートバイによるまちおこし事業協賛店」の粗品を貰ったが写真を撮ることを忘れて紹介できないのが残念である。

お土産に買った「古代秩父本練羊羹」

小鹿野からはR299と県53を走って青梅に出て、青梅IC近くのコンビニで休憩したあと圏央道に入って流れ解散となった。
この日の走行距離は397㎞と下道主体のツーリングとして

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる