師走の房総半島ツーリング

久し振りで会社の若い仲間とのツーリングに出掛けた。
12月12日7時の
大黒埠頭PA集合に間に合うよう、5時に起床し準備を済ませ、車庫から引きずり出したバイクのスターターを回すと、「ウイン、ウイーン」と力なく回るだけで始動できない。外気温を確認すると0℃を表示しており、弱ったバッテリーには最悪の環境であった。
慌てて充電器を繋いでみたが直ぐには回復せず、乗用車のバッテリーとジャンピングしようとボンネットを開けたがカウル部がすべてカバーで被われ、カウルの外し方もバッテリーの搭載位置も分からない。昨年12月に購入した乗用車のボンネットを開けるのは今回が初めてで、元ディーラーマンとしてはお恥ずかしい限りである。
これでは無理と判断し、近くの駐車場に停めてある軽トラックを取りに行き、ようやくエンジンを始動することが出来たが、当初の予定時間を30分も遅れて自宅を出発することになった。
保土ヶ谷BPと首都高狩場線の渋滞で、遅れを挽回すことが出来ずに30分近くの遅刻となったが、出がけに遅刻予告のメールを打っておいたお蔭で、全員が待っていてくれた。
首都高湾岸線からアクアライン・館山自動車道と走り、木更津南ICでR16に降りて富津岬で休憩を取ったが、ヘルメットを脱がずに休憩を済ませるほどの厳しい寒さであった。

富津岬の寒さは厳しかった

富津岬から見た富士山

R465で海沿いを南下したあと東京湾観音を訪れ、全員で観音様の最上階まで登って絶景を堪能した。その後、県163、県93、房総スカイライン、県24と辿って「農溝の滝」を観光した。350年ほど前に川廻し工事として人工的に作った水路とのことであるが、そんな昔これ程の工事を行ったとは驚きである。

東京湾観音

濃溝の滝

鴨川有料道路で外房に下りて鴨川市に入り、R128を館山方面に右折。すぐ先にあった「カーサ」というパスタ屋さんに立ち寄り腹ごしらえをした。

美味しかったパスタ

その後は出来るだけ海岸沿いを走って南下。道の駅「ちくら潮風大国」に入って休憩と打ち合わせを行った結果、次の立ち寄り場所を「崖観音」と決め、館山市と南房総市の境にある大福寺をナビに設定して出発。R410で野島崎を経由して館山市街を通過し「崖観音」に到着。

駐車場から見た崖観音

拝観後はこの日最後の立ち寄り場所であり、映画「ふしぎな岬の物語」のロケ地となった「音楽とコーヒーの店 岬」に寄り、美味しいコーヒーと東京湾に沈む夕陽(少し雲が多かったが)を堪能した。

音楽とコーヒーの店 岬

コーヒーを飲みながら夕陽を眺める

帰路は富津金谷ICから富津館山道路に入り、アクアラインの「海ほたるPA」で最後の休憩を取り解散となった。筆者は小田原と厚木方面に帰る仲間と3台で、大渋滞の首都高狩場線・保土ヶ谷BPを走って疲れ果て、東名高速の海老名SAでゆっくり休憩。お土産に「メロンパン」を求めて自宅に戻ったのは19時であった。
師走の房総を366㎞走った今年最後のツーリング報告です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる