久し振りのトヨタ フェスティバル

元の仕事仲間で現在は筆者と同じ「毎日が日曜日生活者」であるK氏に誘われ、何年振りかでトヨタ フェスティバル(と思い込んでいた)に出掛けた。
会場の富士スピードウエイは、学生時代の1966年に「インディアナポリス・インターナショナル・チャンピオンレース」(インディ富士200マイル)の観戦に出掛けたのが最初で、筆者が自動車業界に就職する大きな動機を持った場所である。
その後、社会人になってからジムカーナなどで再三訪れ、名物の30度バンクの走行も経験したが、一番の思い出は一度だけ出場したフレッシュマンレースで6位に入賞した事で、その時のトロフィーは今でも大切に持っている。
2000年に富士スピードウエイがトヨタの傘下に入って以降、販売店に勤務していた関係で新型車の試乗会などのイベントでも訪れるようになったが、現役生活を終えてからはバイクで2~3度訪れただけで、久しぶりの富士スピードウエイである。
現地に到着して初めて気づいたが、このイベントの正式名称は「トヨタ ガズー レーシング フェスティバル」となっていた。筆者が現役の時代は「トヨタ フェスティバル」だったはずで、現役時代が余にも遠い過去になった事を思い知らされた。
この日の最大の目的は、誘ってくれたK氏が勤務していた会社所有のTOYOTA 2000GTのパレードランを見る事で、霧が立ち込めウエットな路面と云う悪コンディションではあったが、沢山の2000GTとトヨタスポーツ800の華やかなパレードを見る事が出来た。

ピットロードに並んだTOYOTA2000GTの列

TOYOTA2000GTとの写真です

パドック裏でこんな2000GTも見かけ、その可愛さに思わず写真を撮らせてもらったので紹介する。

2000GTに乗った二匹の犬はご機嫌であった

他にもたくさんのイベントが実施されたが、一番嬉しかったのはTOYOTA 7(5ℓターボ)の走行が見られたことで、モータースポーツに夢中になった学生時代を思い出し、少しだけ若返ることが出来た気がした。

懐かしいTOYOTA 7 ターボ仕様

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる