遂にバッテリーを交換

愛車R1200GSのバッテリートラブルは先日報告した通りである。
このバイクは2011年3月に乗り始め、3年目の初回車検で最初のバッテリー交換を行った。
この頃までは毎日が日曜日生活者になって間もない時期でもあり、ソロでのツーリングも多く走行距離も伸び、バッテリーも快調であった。
2回目の車検時にモトラッドからバッテリー交換を勧められたが予算不足で断り、その後の一年間は少々重いスターターの作動音に怯えながらも、ツーリング直前に充電器を接続することを繰り返してきたが、遂に12月12日の房総半島へのツーリングの朝(自宅車庫前は0度であった)、始動不能という失態を演じてしまった。
その日はブースターケーブルで軽トラックと繋ぎ何とか出動したが、再始動不能の恐怖から一日中グリップヒーターをOFFにしたままの寒いツーリングとなった。
これに懲りて12月15日にバッテリー交換を行った。

大枚をはたいて購入した新しいバッテリー

現役時代に乗用車用のバッテリーを数千円で販売していた経験から、その数倍もする価格には少なからず抵抗感はあったものの、エンジンの掛からない愛車はなんの役にも立たないことから、家内に小遣いの補充をお願いして漸くバイクに元気が戻った次第である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる