プレミアムフライデーの疑似体験

毎日が日曜日生活者となった筆者にとって、連日マスコミで取り上げられているプレミアムフライデーは、まるで他の国の出来事のように感じられていた。
筆者が所属していた自動車販売業界は、訪問効率が高いという理由で土日も営業マンが活動し、週末は稼ぎ時と云う雰囲気が圧倒的に支配していた。
従って、1980年代半ばに流行語となった「花の金曜日」は全くの絵空事で、連日深夜まで働き続けたものである。
厚生労働省が主導する「働き方改革」の一環として、官民連携で取り組む「プレミアムフラフライデー」の最初の対象金曜日となった2月24日、横浜に出掛けて体験してきた光景を報告する。
この日の懇親会は元の仕事仲間(と云っても先輩とですが)と1年に3回ほど集まっているもので、「鳥どり横浜西口店」が何時もの会場である。
会場の近くには沢山の飲食店がひしめいているが、集合時間が17時30分と何時もより早目であった為か、普段と変わりがない人出で、この時点ではプレミアムフライデーの事はすっかり忘れていた。
店に入って飲み始めると、店内の喧騒が何時もより騒がしい気がして店員に確認してみると「今日はプレミアムフライデーなので、何時もより1時間ほど早く満席になりました」と帰って来たことで、改めてこの日が噂のプレミアムフライデーと認識した。
店から出た広場には、まだまだ飲み足りないのか大勢の人が溢れていて、これからが本番と云う盛り上がりを横目に見ながら、年寄3人ですごすごと駅に向かう帰路に就いた。
官民連携で「プレミアムフライデー推進協議会」まで設立して取り組んでいるこの活動が、大いに盛り上がり、シッカリと国民生活に定着することが期待される。
こうした体験も「毎日が日曜日生活者」である筆者にとっては、疑似体験と表現するしかないことが悲しい事なのか、嬉しい事なのか、答えが見つからない間もなく70歳を迎える年寄りの報告でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる