圏央道開通効果を実感

6年前「早起きして出かける先の無い」生活者になって以来、通勤時間帯に車を運転することは無くなっていた。
そんな呑気な夫婦に相模原に住む娘の自宅に朝一番で出掛ける必要が出来、ウイークデーの午前7時に秦野市の自宅を車で出発した。
抜け道や狭い道路を使用しないルートを辿ることから、現役時代の経験に照らして1時間30分以上は掛かると見積もって出掛けたが、想定外の道路状況に驚くことになった。
予想される最初の渋滞は県63の片岡交差点に向かう約1㎞の直線で、現役時代は絶対に通らなかった場所であるが、この日は長い列は出来てはいたものの、だらだらと流れていてあまり時間を取られることなく通過できた。
次の関門と想定したのは、小田原厚木道路の厚木西出口と側道の合流地点であるが、小田厚から降りてくる車が思いのほか少なく、信号を一回で通過できた。
その後、R129に入る船子北谷交差点の信号でも、以前は東名の本線手前まで渋滞していたものが、この日は信号を2回しか待たない程のスムースさであった。
R246とR129が共用する文化会館前から金田陸橋までは、厚木郵便局前、警察署前、厚木市立病院前、妻田の各信号で、ダラダラと渋滞が続くものと予想していたが、1~2回ほど信号に掛かっただけで、何のストレスもなくスムースに通過できた。
最後の心配であった座間警察前の信号では、青信号で停車することも無かったのには本当に驚かされた。
この結果、目的地である相武台には予想よりも20分も早い1時間10分で到着出来た。
筆者の現役時代には考えられなかった程の劇的な道路事情の改善は、おそらく圏央道の全面開通が大きく影響を与えているのではないかと推察できるが、「我々の時代に開通するの?」と考えていただけに、圏央道の開通が沿線住民の生活改善に大きく貢献していることに驚きである。
こうなると、次の楽しみは現在工事中である第二東名の開通で、せめてその時までは元気でバイクに乗り続けていたいものである。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる