ホオジロの孵化と巣立ち

遅くなりましたが6月1日に報告した「キヌサヤの中に鳥の巣」の続報です。
ホオジロの巣があることを初めて確認したのは5月29日で、5日後の6月3日に畑に出掛けた時には既に孵化していて、小さな綿ボールのような雛5羽が、一塊になっているのが確認できた。

孵化した雛は常に口を開けて餌を待っている

巣の周りで親鳥と思しき虫を銜えたホオジロが警戒している姿がいじらしく、家内が「車の中に子供を置いてパチンコする親に見せてやりたい」と呟いていた。
他の用が続き数日畑に出掛ける事が出来ず、もう巣立ってしまったかもしれないと考えながら6月9日に出掛けて巣を覗いて見ると、案の定空っぽである。

既に巣立ちしたあとの巣の状況

しかしながら、相変わらず親鳥が周囲を行ったり来たりして、鳴き続けていることに疑問を持って巣の周辺を確認してみると、玉龍と防獣ネットの間で身動きが出来なくなっている小さな雛を発見。すぐに救助し巣の下の地面に戻してあげた。
その時に捕まえた雛の写真がこれである。

助けてあげた雛の姿です

ジャガイモの間を歩く雛の姿

まだ巣立って間もないことが分かり、巣の有った周辺を確認してみると、まだ飛ぶことが出来ない小さな雛がチョコチョコと畑の中を走り回っているではないか。
家内と二人で数えてみると、数日前に数えた卵の数と同じ5羽を確認することが出来た。


畑での作業を始めて少し経って気付いてみると、あれほど騒がしかった畑には親鳥も雛も居なくなり、元の静かな畑に戻っていた。あれほど小さくひ弱な雛が、これほどの短時間で飛び立ってしまったことに驚いてしまった。
「来年も畑の何処かに営巣してくれれば良い」と話しながら夫婦でキヌサヤの撤去を行った。
撤去した後には、既に大きくなっている深ネギを植える予定である。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる