久しぶりの業界紙

筆者は「毎日が日曜日」の生活に入る前日まで、日刊自動車新聞と云う業界紙を定期購読していた。
自宅で取っていた理由は、自動車販売店本社のサービス部門に勤務していた関係で、業界の話題を出来るだけ早く知る必要があったが、会社の新聞は独占してじっくり読むことが出来なかったからです。そうした動機で取り始めた業界紙は結局20年以上購読したが、その定期購読料は毎月5,610円と、同時に取っていた朝日新聞の朝・夕刊セットの3,925円よりも高く、そのページ数の少なさに、何度か家内から高過ぎるとクレームが付いた事が有る。それほど永く続いた購読も会社を退任する株主総会の前々日(6月14日)に早々と打ち切り、その後の6カ月間は全く業界の情報に触れない生活をしてきた。
ところが12月8日に東京モーターショーの会場に多くの出版社が店を出しているのを見つけて、探していたオールドタイマー誌は無いものかとうろついていると、日刊自動車新聞社の看板が目に入った。近づいてみると「ご自由にお持ちください」と書かれた本日付の新聞が山積みになっており、懐かしい1面が目に入ったので、躊躇なく1部貰って来た。
自宅に帰り着き、「珍しい物を手に入れたヨ」と家内に見せると「懐かしいネ」と表紙を見ていた。夕食後ページをめくって見ると6カ月前と全く変わらない紙面構成で、少しだけ記事を拾い読みしてみたが、既に業界から離れた身にとってあまり面白いものではなく、そのまま居間のテーブルの上に置いたものが、今日までそのままとなっている。
退任直後から仕事のことを忘れようとして、北海道ツーリングに出掛けたり、DSKのレストア作業に没頭したりしていたが、久しぶりに業界紙を見たことで相当な勢いで頭の中が切り替わっていることに気付くと共に、少し寂しい気持ちも残っている事に戸惑いを覚えた。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる