FC2ブログ

何年振りかの夫婦での山登り

畑から見える利島への訪問を諦めたあと、家内から大野山に行ってみたいと云う提案があり、天気予報と睨めっこの結果、1月25日の土曜日に比較的良い天候が有るのを見つけて実行することに決まった。
御殿場線の松田駅を9時26分に乗る予定で自宅を出発し、予定通り9時30分過ぎに山北駅の改札を出た。山北高校(R246の新安戸隧傍にあった旧校舎)出身の家内は50年以上も前の通学路を懐かしがりながら歩いた。
R246の旧道と新道が交わった先の、関所跡の案内板がある安戸隧道の先から山道に入り、東名高速の都夫良野トンネルと吾妻山トンネルを結ぶ鍛治屋敷橋を潜った先の「足柄ボクシングジム」と看板のある建物の手前で「大野山⇒」と云う看板を見つけ、狭くて急な坂を登り始めた。
途中で「共和小学校跡この先」の看板を見つけたが、林の中を抜けていく先に学校跡があるとは思えない程の林の中の道である。
突然数軒の民家が現れ、その先に共和小学校跡地が有った。「山北町立共和小学校」と書かれた門柱があり、その脇に懐かしい二宮金次郎像、校庭の奥には旧校舎らしい鉄筋コンクリートの建物となんとも懐かしい雰囲気の場所であった。

旧共和小学校

更にその先には国指定重要無形民俗文化財である「山北のお峰入り」の用具を収めた収納庫も確認できた。
「地蔵岩⇒」の看板に誘われ狭い登山道に入り、年寄り夫婦二人で黙々と登った先の延々と続く階段を、傍にいた放牧牛に眺められながら喘ぎ喘ぎ登って、漸く大野山の山頂(標高723.1m)に到着できた。

長い階段の登りを励ましてくれた放牧牛

山頂には多くの登山者が休んでいたが、冷たい風が強く年寄りには耐えらない寒さで、弁当を先延ばしにして谷峨方面に下山を開始した。

山頂から見た三保ダム

山頂での記念写真

歩きながらおにぎりを頬張り、ほぼ休みなく歩き続けて酒匂川に出た。すこし下流にある吊り橋を渡って谷峨駅に到着した。

帰りに乗った御殿場線がホームに入ってきた

大野山は毎日のように畑から眺めていて、もっと簡単に登れると侮っていたが、思いのほか標高も高く、移動距離も長く老夫婦共々くたびれ果てた山登りであった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる