FC2ブログ

シンクの排水が詰まった

築40年が経過した我が家にも数々の不具合が出てきている。
新築直後から四畳半と六畳の日本間の前にある内縁と、玄関への雨漏れが発生。
また、新築時の外壁色が筆者のイメージ(浅葱色)と左官職人の認識とに齟齬があり、可成り濃いブルーで仕上がり、金が無いので初回の外壁塗装時まで我慢し、元のイメージに戻した事もある。
今回そうした種々の不具合の中で一番困った事態が発生した。その困った事態とは台所のシンクの排水が流れにくくなった事で、水道を多く出して洗い物をすると徐々にシンクに水が溜まるようになった。
このシンクは2011年のリフォームで取り換えたもので、比較的新しいと思っていたのに突然のトラブルで家内が落ち込むことになった。
我が家は年金生活家庭であり、金は無いが暇は幾らでもある。シンクの下にある収納棚を取り外し、中を確認するとボックス状になったS管らしい部品が確認できた。
取り外して確認してみると、複雑な構造の回路がヘドロで目詰まり状態であった。これがつまりの原因と早合点し中を洗浄。さらに下に延びるホースの入口に引っ掛かっていた楊枝の破片を取り除いて組み立て作業を完了させた。
ところが数日経って家内から「シンクからゴボゴボトと音がする」とクレームが付き、再度分解することに。先回取り外した部分まで取り外し、その先の排水ホースの中を懐中電灯で照らしてのぞき込むと壁面に沢山のヘドロがこびり付いていた。
そのヘドロは針金を耳かき上に加工したもので掻き出したが、先回の失敗の経験から更にその下のエルボ配管の部分から先が心配である。
洗車用の径の小さな水道ホースを差し込むとなんとかエルボ配管の部分を通過出来たが、更にその先にあるエルボ配管に阻まれた。その状態で少しずつ水量を増やしながら、ホースの抜き差しを繰り返すことで何とか水が流れるようになった。
作業の開始から2時間ほどで元の状態に復元できたが、果たしてこの修理を業者に依頼すると如何ほどの料金を請求されるものか?
金は無いが暇がある年金生活家庭としては、大いに家計を助けたことは間違いないはずと、夫婦二人で大満足した修理作業であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる