夕焼けに染まる箱根連山

1月13日の散歩は何時もと違う時間に出掛けた。
何時も富士山が見える場所に着く頃には既に太陽が沈んでいるので、この日は15時30分に出掛けた。何ともこの中途半端な時間帯の散歩が「毎日が日曜日」生活の特権である。
夕日の沈む様子を見る目的で早く出掛けたが少し早過ぎ、まだ日が高い。富士山を見る絶景ポイントの近くで、15分ぐらい時間をつぶして漸く西の空が赤く染まり出した。
箱根に沈む夕日

西の空が茜色に染まり出すとその後は速く、日の出と日の入りのスピードの速さはいつも見ていて速いと感じるが、箱根の山の上にある太陽も同じ速さで山の影に入るのは当たり前の事で、またたく間に山影にその姿を隠し始め、数分後には完全に山の影に隠れた。
その時の富士山の淡い紫色の姿も素晴らしく、性懲りも無くこれも写真に収めた。
紫色に染まった富士山

何時もより早く出掛けたおかげで帰り道はまだ十分に明るく、運動公園のスケートボード場の広場で多くの若者が思い思いに練習している様子を眺めたりしながら、空にまだ少し明るさが残る時間に帰宅することが出来た。
いつもはあまり人気のない散歩コースであるが、この明るい時間帯には大勢の人と犬が散歩に出ているのを知り、筆者と同じ境遇の人種が何と多い事かと感心した。
新聞やテレビで、「団塊の世代が年金生活に入ると年金資金がパンクする」と云う趣旨の報道が毎日のように流されており、こんなノンビリした生活をしていて良いものかと、少々後ろ暗い思いを抱いた散歩であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

老年ライダー

Author:老年ライダー
老年ライダーのブログにようこそ!
性別:男
職業:退役ディーラーマン
趣味:バイクツーリングとレストア

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
アクセスカウンター
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる